Track record of 2011
2011年の実績

TFT Kyodai × Kyo の食プロジェクト

世界の約70億人の人口のうち、10億人が飢えに喘ぐ一方で、10億人が肥満など食に 起因する生活習慣病に苦しんでいます。
この深刻な食の不均衡を解消するため、2007年の秋に日本で TABLE FOR TWO (以下TFT) が創設されました。
日本で一食TFTメニューを食べると、それに付加された寄付金 (20円=アフリカの給食一食分)が
TFTを通してアフリカに送られるという仕組みです。

現在、TFTプログラムへの参加企業・団体数は450を突破し、食堂、カフェ、そしてネットスーパーやコンビニの食品にも導入されています。
このうちの一つで、京都大学の学生が中心となって活動しているのが TABLE FOR TWO Kyodai (TFT Kyodai)。
TFT Kyodaiの行っている京都の飲食店を対象にしたTFTの導入プロジェクトが「TFT Kyodai×Kyoの食」プロジェクトです。

TFT Kyodai × Intelligence Office

「Kyoの食プロジェクト」の「Kyo」には、「京都のKy」と「今日のKyo」という2つの意味が込められています。
この取り組みを通して京都の食文化、 そして食料廃棄・偏食などといった今日の食の問題について、改めて考えて欲しいと考えています。
インテリジェンスオフィスでは、この「Kyoの食プロジェクト」の飲食店への導入をバックアップ。
学生とともに、飲食店へのプロジェクトの案内やアポイントの設定などプロジェクトを進めた結果、
30もの店舗様からご協力いただくことができたのです。京都で「人」と「成長」をキーワードにビジネスを展開してきた弊社は、
インターンシップを通してこれまで多くの学生の成長を支援してきました。
この「Kyoの食プロジェクト」のように、目標に向かって頑張る学生の成長をこれからも後押ししていきたいと考えています。

CONTACT
インターンシップへの参加応募・お問い合わせ